n-star h-star star

お堅い家庭に育った女性がオフパコ募集をしていたワケ

日本の家庭の在り方も随分と変わってきたと思いますが、今でも『昔ながらのお堅い家庭』は残っています。そういう家庭は最近肩身が狭いかもしれませんが、こうした家庭で育った人は真面目になることが多く、決して悪い印象ばかりではありません。

とはいえ、お堅い家庭で実際に暮らしていると息苦しく感じる人がいるのも事実で、「早く自由になりたい…」と考えることもあるでしょう。とくに今はインターネットがあるおかげで、自分の知らない世界にも簡単に触れられるようになりました。

外の世界を知らないならともかく、インターネットなどでさまざまな情報に触れることで「なぜウチはこんなに自由がないのだろう…」と嘆くようになります。そしてこうした鬱憤は徐々に積もっていき、自由になった頃には爆発させるようになるかもしれません。

お堅い家庭においてとくに制限されやすいのは、男女交際ですね。とくに女性の場合は貞操観念について厳しくしつけられやすく、それに息苦しさを覚えるのは自然なことでしょう。その反動が出てしまえば、いわゆるビッチになってしまうかもしれません。

私のオフパコ相手もそうした事情があり、実家で暮らしていたときはかなり厳しくしつけられていたものの、就職を機に1人暮らしを断行し、今は出会い系でオフパコ募集をするくらい自由に楽しんでいるらしいです。

この女性も家にいるときはとにかく男性との交際に厳しくて、彼氏を作りたくても全然上手くいきません。外でのみ会って遊ぶくらいならできる…のですが、門限もあったのでろくに楽しめなかったようです。

周囲の友人が男性と楽しんでいるのを見ていると「なんで私だけ…」と苛立つようになり、それで就職の際は県外の企業に決めました。両親は難色を示したものの、「仕事だから1人暮らしをするしかない」と押し切り、ついに自由を手に入れました。

ほどなくしてセックスも楽しめるようになり、これまで我慢していたこともあってすごく気持ち良かったようです。その結果、彼女は短期間でビッチになってしまい、オフパコ募集も躊躇なくするようになりました。

1人暮らしの特権ということで両親にもバレず、かつての面影はなくなったようです。両親からたまには戻ってくるようにと言われるものの、仕事を理由にずっと無視しているらしく、「あんな家に戻るよりもオフパコ募集をしているほうが何倍も楽しい」と断言していました。

やはりお堅い家庭で育つというのは、こうしたリスクもあるようです。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る