n-star h-star star

アイドルよりも普通の女の子がいい

ボクは、モーニング娘時代から道重さゆみのファンなんですよ。
さゆみんのデビューのときからファンだ、と言ったらボクの歳がバレますね。

みんながAKBに流れていく中、ボクはさゆみんが好きだったんです。
ボクの理想の女性は当然さゆみんですから、ボクの理想はとても高いんです。
そんなわけですから、彼女ができないんですよ。

ボクの目が届く範囲にはダンゴムシ程度の女しかいませんから、このままではいつまで経っても彼女ができないんです。
それでボクは出会い系で理想の女性に近い女性を探すことにしたんですね。
理想の女性探しは続けるつもりですが、ゴールが見えてきた気がします。

というようなわけで、出会い系でボクを満足させてくれる女の子を探すことにしたんですが、理想を体現したような女の子に会うのはハードルが高いことがだんだんわかってきました。
掲示板に普通にかわいい女の子はいるんですけど、さゆみんには似ていませんし、届かないんですよね。

いい加減ボクにも現実というものが見えてきましたよ。
そもそも、掲示板の女の子に満足していないのは、ボクが勝手にハードルを上げているのが悪いんですから、理想のほうを下げることにしました。
かわいければいいや、ということです。

そしたら、向こうからボクのところに飛び込んできたんです。
ボクの理想が高いままだったら、そのせっかくのチャンスを無駄にするところでした。
理想は理想と割り切らないといけませんね。
ボクはまた一つ大人に近づいたようです。
大人になるってこういうことだったんですね。

そんなわけでボクが掲示板で会うことになった女の子は、さゆみんに似ているかどうかを脇にやれば、普通にかわいい女の子でした。
ボクの気を引いたのは、顔よりも彼女のむっちりした体のほうでした。
初デートの待ち合わせ場所にやってきた彼女は寒くて厚着をしていたのに、その体のふくらみがよく分かりました。
あったかくて抱き心地rがよさそうだなとすぐに思いましたね。
ボクには女の子と初めて会ったその日にホテルに誘える自信はありませんでしたが、掲示板でも女の子のほうから積極的に迫ってきたように、彼女のほうが積極的にホテルに行こうと誘ってくれました。
おかげでボクは、ボクは……

ボクは間違っていたことをはっきりと自覚しましたね。
どんな芸能人が好きかということと、どんな女性と付き合うかを同列に論じてはいけないんですよ。ボクがどんなにがんばってもアイドルとは付き合うことはできません。
認めたくはありませんが、それが事実です。

それよりも、手が届く範囲で付き合う相手を探すべきだということです。
久しぶりの生身の女性の感触は、ボクの目の前に広がっていた霧を晴らしてくれました。
エッチの相手として考えれば、ダンゴムシに見えていたあの子もこの子も魅力的に見えてきましたよ。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る