n-star h-star star

インドアな女の子とオフパコ

ボクはあまり人の多い場所が嫌いで、いつも日陰を歩いているような人間です。
ドラキュラじゃないから、太陽が苦手という意味ではありません。

子どものころは教室の隅に一人でたたずんでいるような人間という意味です。
そんな暗いボクが青春を楽しむにはオフパコするしかないとおもいました。

ひょっとしたら女の子も、ずっと日陰で過ごしてきたようなタイプの子が掲示板でオフパコしたがっているかもしれません。
その可能性に賭けてみたんです。

ついでにボクにはクジ運もないんですけど、このときばかりは一生分の幸運が来たかもしれません。掲示板で連絡した女の子から返事が来たんです。

あまり出歩くのが得意でない女の子がいた

遊びなれてそうな女の子を回避して、地味そうな女の子に連絡してみることにしました。
その子は、プロフィールにあまり出歩きたくないから、デートするときは人が多くない場所がいいという直球なプロフを書いていた女の子でした。

ボクと同じように、彼女も日の当たらない場所を歩いてきたのでしょう。
メッセージを交換しながら、アウトドア派かインドア派かを聞いてみると、予想どおりにインドア派だという答えが返ってきました。

これは気が合いそうだと思いました。

女の子をデートに誘うことに成功した

振り返れば、よくボクと会ってくれたなと思いますね。
ボクとしては少ないチャンスをものにしたい一心でしたから、なけなしの勇気を振り絞って彼女とのデートの約束を取り付けたんです。

もし断られていたら凹んでしまって再起不能になっていたところです。
でも、彼女がデートに応じてくれましたから、これからは自信をもって女性をデートに誘えそうな気がします。

約束の日に彼女に合ったら、かわいい女の子で、逆に驚いてしまいました。

少ないチャンスをものにしてきた

彼女があまり出歩きたくないということは、一度のデートで最後までやってしまえるということだと、自分に都合よく解釈して彼女をホテルに誘ってみました。

これも振り返って考えれば、自分でもすごいことをやったなと思うんですが、そのときのボクの頭の中はオフパコのことしか頭になかったからできたことだと思います。

うつむいて同意してくれた彼女とGoogleマップを見ながらホテルまで行きました。
行ったことないホテルでしたから場所が分からなくて。
そこはカッコ悪かったんですけど、ボクらしいと言えばボクらしいかなと。
ホテルの室内に入ればインドアな二人でも伸び伸びセックスできました。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る