n-star h-star star

オフパコの心構え

オフパコできないという声を聴くたびに、ぼくは優越感に浸っています。
できないヤツはできないでいいです。

そういう方達がいる一方で、ぼくは要領よくオフパコやらせてもらっています。
ちょっと前に友だちに出会い系で遊んでいることをしゃべったらバカにされました。

だから、もう友だちに自慢することはしないことにしました。
でもどこかで誰かに吐き出さないと気分が悪いです。
ほかに他人に自慢できることがないというのは内緒です。

女の子は顔を気にしない

かわいい子と会っています。
ぼくのほうは顔には自信ないんですけど、出会い系で女の子に会っていると、意外と彼女たちが男の顔を気にしていないということが分かってきました。

こんな顔でごめんね…みたいなことを言っても、顔よりも、その卑屈な態度のほうが嫌かな、と言われたことがあって、卑屈になるのを止めたら一気に視界が開けた感じです。

だから、顔のことを気にしないようになると伸び伸び楽しめるようになりました。
男にとっては、外見よりも内面のほうが大事です。
女の子に送るメッセージのほうが顔写真なんかよりもはるかに大事なんだと思います。(やっぱり顔写真も大事です。)
チェンジ!!とか言うのは男だけです。

女の子は顔を気にしないがぼくはというと

ではお前はどうなんだという話になりますが…。
ぼくは女の子の顔を…気にします。

やっぱりかわいい子がいいですから。
でも、どんな子が来てもとりあえずはオフパコします。

ぼくのほうから女の子にお断りしたことは一度もありません。
2回目以降のデートをするかどうかは別の話ですが。
デートしないといっても、さようならとはっきり別れを告げることはないです。
予定が合わないとかなんとか適当に言い訳して、自然消滅させます。
悪い男です。

一度きりの相手には無茶なお願いを

結構な確率で、同じ男とは二度と会わないというポリシーを持った女の子がいます。
みんながそうだということではないですが。

しばらく関係が続いた子も多いんですけど、一度きりの関係をたのしむ女の子もいます。
そんな子が来ると、2度目のことを気にしなくていいですから、多少無茶なことでもできます。逆転の発想でぼくも楽しんでいます。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る