n-star h-star star

オフパコ相手とのセックスで腰を痛めたら代わりに動いてくれました

セックスというのは、想像以上に負担がかかります。とくに男性は腰振りを行うことになるのでそこに負担が集中しやすく、あまりにもやり過ぎていると腰を痛める可能性もあるでしょう。仕事ならまだしも、セックスで腰を痛めるなんて恥ずかしいですよね?

実は私もセックスで腰を痛めた経験がありまして、これは周囲にも言っていません。というか言ってしまえばどんな目で見られるかが丸わかりであり、「重いものを持ったときにグキッときた…」と伝えていました。

「セックスせずにオナニーだけしていれば腰を痛めないのでは?」なんて声もありそうですが、一度でもセックスをすれば「たとえ痛める可能性があっても、セックスはやめたくない…」と思うでしょう。だからこそ、セックスで腰を痛める男性はたくさんいるのです。

私も痛めてしまったように、セックスの頻度は多めでした。ちなみに相手はオフパコ相手のA(仮名)という女性でして、この人のアソコはとても具合がよく、つい激しく腰を振ることもよくあったのです。それで腰を痛めることになるとは、思いませんでしたが…。

なお、腰を痛めたタイミングはちょうどセックスの最中でして、腰振りを中断して寝込んでしまいました。動けないほどではありませんが、そのままセックスを続けるのは難しく、脂汗を流す私をオフパコ相手は心配そうに見つめていたのですが…。

たしかに腰は痛むものの、自分から動かない場合はさほどでもありません。仰向けになって安静にしていれば落ち着くことができたので、「もうちょっと休んだら帰るよ…」と伝えたら、オフパコ相手は「まだこっちは元気だし、私が動こうか?」と言ってきたのです。

そう、私もオフパコ相手も中途半端なところで終わってしまったので、できればスッキリしたいと考えていました。しかし自分では動くことができなかったので、諦めようとしたのですが…こう言われてしまっては、私も断れません。

いくら自分が動かなくても、相手が動けば痛むのでは…と心配していましたが、どうやらこちらから腰を振らなければ大丈夫らしく、ちゃんと最後までできました。

また、この一件で『自分は一切動かずに女性に気持ち良くしてもらう楽しさ』についても目覚めまして、腰が治ってからも騎乗位をしてもらっていたのです。オフパコ相手もどうやら楽しいみたいで、お互いが満足していますよ。

セックスで腰を痛める可能性は誰にでもありますから、できるだけゆっくり動くか、ときには女性に動いてもらいましょう。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る