n-star h-star star

ギャルとオフパコできるなんて!

ぼくは福岡に住んでいます。
効くところによると、福岡は男よりも女の数のほうが多いらしいんですが、ぼくの周囲に限ってみれば男のほうが圧倒的に多いんです。

女性なんてのは伝説上の生き物だと考えないと精神的に持たないくらいでした。
ですが、オフパコ情報には福岡にも女性と会えるらしいことが書いてありました。
出会い系は盲点でしたね。

やっぱり現実には女は存在しなくて、出会い系の掲示板にしか存在しないんでしょうね。
逆に、出会い系なら女性がいっぱいいました。
その中の一人の女性がぼくに会ってくれました。

近所に住んでいる女の子を見つけたよ

掲示板にいる女の子の中の一人の女の子に声をかけると、意外と近所に住んでいることが分かりました。近所に住んでいる相手だと、共通の話題があって話が弾みますね。
会話といっても掲示板の画面の中でのやり取りでしたけど、女性との会話は学校以来で本当に楽しかったんです。

つくづく女性との出会いに飢えていたんだなと思うと、自分がかわいそうでした。
オフパコ情報を見ないと、まだまださびしい思いをしていたんだと思うと額に脂汗が吹き出してきましたよ。

デートははしょってやることやろう

ぼくも女の子もお互い福岡に長いこと住んでいて生活圏が重なっていますから、今さらわざわざデートするのもあれだということで一致しました。
待ち合わせだけしてさっさとオフパコすることで話がまとまりました。

その話し合いは、彼女にリードされて話がまとまりました。
すんなりいきすぎて、むしろぼくのほうが緊張してきましたよ。
ぼくにとっては都合がよいことに、彼女は精神的な相性よりも、体の相性のほうが大事だと考える女性だったんです。

おかしいな、そんな積極的な女性がいるのにどうしてぼくの周りにはいなかったんだ?

ぼくのおいしいチョコレートちゃん

移動する時間をショートカットするために、駅で待ち合わせることにしました。
そして、彼女と合流した駅からほぼ直行でホテルまで行きました。
シャワーを浴びて出てきた彼女は、日焼けして全身小麦色に焼けていました。

冬の間に色が薄くなったんだよ、と彼女は言っていましたけど、充分魅力的な色をしていましたね。彼女はぼくと違ってアウトドア派のようで、夏は毎年のように海にプールに遊びに行っているようでした。

彼女の体は、焼けていない白い部分とのコントラストがまぶしかったです。
もちろん、ぼくにはその焼けていない部分が重要だったんですよ。

なぜかぼくは彼女の褐色の肌を見ているとチョコレートを思い出しましたね。
焼けていない部分は白かったので、彼女はチョコレートに例えると、マーブルチョコレートでしょうか。もちろんおいしくいただきました。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る