n-star h-star star

ロリ巨乳とオフパコしたい。オフ会で見かけたときは逃しません!!

ぼくはロリ巨乳が好きなのです。
オフ会に参加するときはロリ巨乳が来るかどうかだけを気にしますね。
行ってみないと来るかどうかわかりませんから、家の近所でやるというオフ会に参加してきました。

もちろん、飲み会で酔っ払っただけでは済ませませんでしたよ。
最終的には巨乳とオフパコできました。
ただ、オフ会の会場にいたのはロリ巨乳ではありませんでしたが、巨乳はいました。
その巨乳とオフパコしたんです。

ロリじゃないとは言っても、顔がロリじゃないだけで、身長が低いからそれだけ考えればロリです。何言ってるか分からないですね。

結局は、巨乳だったらそれでいいんです。
一応彼女の名誉のために申し添えておきますが、ロリじゃないだけで、顔が不自由していたわけではありませんよ。

だから、どうしてそんな女の子がこれまで放牧されていたのか不思議に思ったんですね。
だいたいそういう女の子がフリーなのは、内面に問題があることが多いからですよね。
ぼくもイヤな予感はしましたが、せっかく目の前にたわわなおっぱいがぶら下がっているのに、スルーするのはもったいない、というかあり得ないと思うことにしました。
ヤバ目の女の子なら、それが分かった瞬間にリリースすればいいんです。

ただ、さすがに彼女はほかの男からも狙われていましたから、なかなか正面の席が空かなくて、まともに話をするタイミングが来ませんでした。

残念なことに、オフ会の飲み会の席では彼女とゆっくり話せませんでした。
だから、会がお開きのときに、またオフ会を開くときのために連絡先を聞いておきたいと見え透いたウソをついて彼女の連絡先をゲットしました。

そこからは彼女から嫌われないようには気を付けて猛アピールしましたよ。
彼女にはこちらの下心はバレバレだったでしょうが、そこで諦めたら試合終了って、テロリストに誘拐された人も言っていたし、ぼくはあきらめませんでしたよ。
やりすぎて彼女に嫌われたら別の女の子に声掛けをすればいいだけです。

この時点で、二人っきりのメールのやり取りになっていましたから、オフ会はもはやどうでもよくなっていましたね。その後も何度かみんなで集まっていたみたいなんですが、ぼくも彼女もそちらには行かず、二人で会うことになっていました。

たぶん、ぼくの熱意に彼女が根負けしたんでしょう。
ウザいから一回会ってはっきりと断っとこうというところまでいっていたんじゃないでしょうか。

しかし、彼女からお断りの連絡は来ませんでした。
つまりオフパコに成功したんです。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る