n-star h-star star

大阪で粉もんオフ会に参加してオフパコ

わたしは、大阪で生まれた「男」です。大阪から出る気はありません。
だから、わたしが青春を謳歌するには、なんとかここ大阪で青春のかけらを見つけないといけません。といいつつ、実はもうがんばって見つけたんですよ。

青春を見つけるならオフ会がいいかなと、いろいろ探していると、粉もんオフ会というものが行われていた。大阪らしいと思って参加することにしました。
はじめ、お好み焼き屋さんにでも行って、そこで騒ぐかと思ったんですが、キッチン付きのレンタルスペースを借りてやるという本格的なものだったんです。

恥ずかしながら、レンタルスペースというものを今回初めて知りましたよ。
しかも大勢で料理できる場所まであるんですね。
家庭科の調理室みたいなところにみんなで集まってお好み焼きを作るというのが、なんだかそれだけでおもしろそうに思えたんですよ。
だから、オフパコはできればいいな、くらいの軽い気持ちでしたね。

参加する前の想定では次のようなことを考えていました。
女性と二人で共同作業をすれば親密度アップ。
作業中に、手が当たったり、肩が当たったりして、ごめんなさいと言いつつ徐々にくっついている時間を増やしていく。
みんなでワイワイ料理をするというのも面白いな。
一緒にペアになって作った女性となかよくなる。

さらに妄想は続きます。
女の子の顔に粉がついて、それを指さして、
「顔に粉が付いているよ」
「え?どこ?」
「そこじゃないよ、ここだよ」
とわたしが彼女の顔に付いた粉を落としてあげる。
そういうシチュエーションを想定していましたが、そんなにうまくいくもんではありませんね。

実際は滞りなくお好み焼きが焼きあがりました。
10人の参加者が二人一組になってお好み焼きを作ったんです。
もちろん、男女ペアが基本でしたよ。
男同士の組も一組ありましたけどね。
その連中もそれなりに楽しんでいましたよ。
あとで、これから二人で飲みなおすとか言っていましたが、まさかね。
みんなのこだわりが見られて普通に楽しかったですね。
あ、そんなん入れるんや!という驚きがあったりして。

オフ会では、事前に妄想していたアクシデントは起こりませんでしたが、一緒にお好み焼きを作っていると、それだけでなかよくなれました。
そのままオフパコとはいきませんでしたけど、連絡先は交換できました。
実は、すでにセックスする関係になっているんです。
その意味では時間遅れでオフパコできたことになりますね。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る