n-star h-star star

札幌で密かにオフパコしています

バーのカウンターに一人でいる女性に、「おれ、あちらの男性から」とバーテンダーに言ってもらって、お酒をだしてもらう。
お酒はもちろんカクテル。
セックス・オン・ザ・ビーチで直接アピールもいいが、甘いプリンセス・メアリーでロマンチックに行きたい。
そして、女性がグラスに口をつけたタイミングでおもむろに席を立ち、その女性に「隣り空いていますか?」と声を掛けて座る。
仲良くなってそのままホテルへ。

というのが、学生のころからの夢です。
一度も実行に移したことはありませんが。
考えるだけなら自由でしょ。
現実は、バーでのナンパはもちろんのこと、街角でのナンパもできない軟弱者なボクです。

でも、ボクにはオフパコがある(はず)。
掲示板では積極的に女性を口説けますが、リアルの女性には声を掛けられないチキンなボク。
ネットといえば、Twitterでも札幌市内でオフパコを募集していることを見かけますけど、どんな人間が来るのか怖いからTwitterのほうは参加したことがありません。
掲示板で見つけた相手なら、ある程度会話をしているから、危ない橋を渡ることもありません。
どんな相手が来るか分からないTwitterでリスクをおかしたくない、やっぱりチキンなボク。
札幌は寒いから、家に行ってもいいかと突然言われて本当に押しかけられても困りますし、そこらへんきちんと打ち合わせできる掲示板がいいんです。

先日は札幌駅で掲示板で口説き落とした女の子と待ち合わせしました。
寒いからさっさと温かいところへ移動しました。
JRタワーのレストランで二人だけのささやかなオフ会をしました。
掲示板で素性は確認しているから、余計な心配はしなくて大丈夫です。
話していても、掲示板での印象どおりの女の子でした。
女の子のほうもボクが予想どおりの男で安心してくれたみたいです。
相手のことが信用できるなら、すぐに次の段階に進もうではないか。
という発言をもう少し気持ち悪い表現でしました。
変なテンションの二人にはそれで充分でしたよ。

ホテルの中では、女の子が恥ずかしがってずっと笑っていたのが印象に残っています。
「あはは、いや~、あんっ」という感じで、ボクもつられて笑ってしまいました。
初めての相手とのオフパコはなんどやっても緊張するものですけど、女の子のおかげでリラックスしてセックスできました。
一歩、ボクの夢へ近づいた気がします。
たくさんオフパコすれば、ボクもチキンから卒業できる(はず)です。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る