n-star h-star star

美人とオフパコ出来るなんて

ぼくは長い髪を真ん中で分けた美人の女の子とオフパコしてきたんですよ。
ベッドの上で長い髪を後ろでまとめていた姿も色気があってよかったですね。
普段はそんな美人とのお付き合いはできないぼくですから、彼女との時間を一緒にいる間に精一杯味わうことにしたんですよ。
しかし、そのわずかな時間ではまったく満足できませんでしたから、それからも連絡して、なんとかこれからも会ってくれる約束をしてもらったんですね。
といっても、まだ会えていないんですけどぉ。
必ずまた会いますよ。

・写真を見たときに一目ぼれ オフパコの相手を彼女に決めて正解

彼女との出会いのきっかけはぼくが彼女の写真を見て一目ぼれしたことなんですよ。
細かいことは気にせずに、口説くのは写真で決めましたね。
結果的には実物は写真よりも数倍美しかったんで、直感を信じて正解でしたよ。
でもとにかく、彼女に会えるまではほかの人には連絡せずに一本に絞ったかいがありました。
彼女のほうがぼくに会ってくれた理由は分かりません。
押しの強さがよかったのかなと考えるのが精一杯です。
デートの約束ができたときはうれしかったですね。
実際に会ったときはもっとうれしかったですよ、もちろんね。

・キレイなものを見ながらのお酒はおいしい

美人を見ながら飲むお酒はおいしかったですよ。
キレイな夜景が見られるお店を選んでいたので、彼女もきれいな景色を見ながらおいしくお酒が呑めたはずですね。
食事は、まぁ、それなりだったんですね。
景色がキレイだから会話は弾みましたよ。
振り返れば、食事がいまいちというのも会話のタネとしてはありがたかったですね。
「今度はもっとおいしいお店に行こうね」と次の約束につなげることもできましたし。
それがいつになるかはこれからですけど、この会話がまた今度会うという約束の伏線になっていたかもしれないですね。

・ラブホテルにまっすぐ向かってオフパコ

ただ、そのときは今度の食事のことよりも、今日のセックスのほうが大事でした。
オフパコのために出てきた二人だから、食事を終えてラブホテルに行くのは当然の流れだったんですね。
彼女が美しすぎて、ちょっとラブホテルに誘いづらくなっていたぼくにとって、彼女から「どこにするの?」と質問されたのは助かりました。
いや、ぼくが誘ってくれるか心配させてしまったのかもしれません。
ちょっとヘタレなぼくでした。

シャワーを浴びてすっきりしてきた彼女は、食事をした後なのに、お腹が凹んでいたんですよ。
量をセーブしたようには思えなかったのにお腹が出ていないのは、日頃からシェイプアップに励んでいる証拠でしょうかね。
と、ぼくに背中を向けて腰をくねくねして挑発してきたように見えました。
後で聞いてみると、体に巻いていたバスタオルを巻きなおしていただけだったということでした。
彼女に挑発されたと思ったぼくは、我慢できずに後ろから襲い掛かってベッドに押し倒したんですよ。
お尻だけぺろんとむき出しにしてヌプッと差し込んじゃいました。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る