n-star h-star star

青姦マニアの私は掲示板で相手を探します

世の中にはいろんなマニアがいますが、私は『青姦マニア』だったりします。
そういうAVが好きというのもありますし、実際に青姦をするのも大好きでした。
青姦というのは一歩間違えばいろいろとアウトなのですが、そのスリルもたまりません。

人間はかつて青天井で生きてきたわけで、その時代であれば青姦というのはむしろ普通でしたよね?それに気付いたら「ああ、あの頃に生まれていればなぁ」なんて思うくらいには青姦が好きでして、将来結婚するなら絶対に青姦OKな人です。

もちろん今はそういう相手はいませんし、青姦好きな恋人すら見つかっていませんので、結婚して幸せな家庭を築くのは遠い未来の話でしょう。むしろ、そういう家庭を作ることすらできないのかもしれませんが、気にしてもしょうがないですね。

私みたいな青姦マニアが満足するには掲示板での相手探しが欠かせません。こういう掲示板の特徴は『さまざまな性癖を持つ人が相手を探せること』であり、私みたいに青姦にこだわる男であっても、相手を見つけられるチャンスがあるのですね。

さすがに青姦大好きな女性はなかなかいませんが、「スリリングなセックスが好き!」という人は結構います。掲示板を使う女性には普通のセックスに飽きてしまっている人も多いため、青姦未経験でも興味を示してくれる人はいるのです。

私も同年代の女性と仲良くなり、青姦に誘ってみたら「ちょっと怖いけど、楽しそうかも…」と乗り気になってくれて、OKが出ました。青姦を見られて困るのは男性よりも女性ですが、それでも未知の体験というのには興味が尽きないのです。

青姦マニアというだけあり、私は『青姦に向いたスポット』についてはきちんと網羅していました。青姦というのはどこでしても気持ちいいかもしれませんが、無計画に行うと目立ちすぎてしまい、場合によっては注意を受けるかもしれないのです。

なので、青姦初体験というこの女性とは、『夜で人が少ない高台の公園』でやってみることにしました。詳しい場所については省かせてもらいますが、ここは何度か下見したときにも人がいなかったため、青姦に挑戦するならピッタリだと確信していたのです。

掲示板で約束した場所で落ち合ったら、私の車で目的地に向かいます。この日も運良く人はいなかったため、私と彼女は比較的落ち着いて青姦ができました。外でやる以上はスリリングなのですが、人が来なかったと考えたら十分落ち着けたと言えます。

オフパコ募集掲示板TOPへ戻る